碧巌の歩きNO10・・どうとでも理屈は立つ。しかし・・「禅ニヨル生活」は、独り接心(坐禅)でしか成立しない!

【禅者の一語】碧巌の歩記(あるき)NO10

   碧巌録 第十則 睦州 掠虚頭漢(ぼくしゅう りゃくきょとうのかん)

【垂示】圓悟が求道者に云った。

高い低いとか、白い黒いとか、物事を肯定しようと、また、高くないとか、白くないとか、物事を否定しようと・・どうとでも理屈は立っ。

しかし、どうにかなるものではない。

絶対的平等の立場で見れば、達磨さんの「廓然無聖」・・口出し無用の・・カラリとした青空の一語につきる。

また否定・・絶対の価値として見れば、砂一粒、水の原子一個に到るまで、それぞれ唯我独尊。固有の価値に輝いている。

 

だが、思案のしようがない・・絶対的でも相対的でもない・・そのいずれでもない事については、どのように扱えるのだろう。

この問答の・・規定があるなら、商量に要する規定の通りに・・規定がないのなら、従来の慣例に従がい 肩の力を抜いて、看て見なさい。

 

【垂示】垂示に云く

    恁麼(いんも)恁麼、不恁麼(ふいんも)不恁麼。

              もし論戦せば、また箇々転處に立材す。

              ゆえに道う、もし向上に転去せば、直に得たり。

              釈迦、彌勒、文殊、普賢、千聖万聖。

              天下の宗師、あまねく皆 気を飲み 声を呑み、

             もし向下に転去せば 醯鶏(けいけい)蠛蠓(べつもう)

              蠢動(しゅんどう)含霊(がんれい)一々 大光明を放ち

              壁立萬仞(へきりゅうばんじん)ならんと。

             もし あるいは不上不下(ふじょうふげ)ならば、

             また作麼生(そもさん)か 商量せん。

             條(じょう)あれば條を攀(よ)じ、

             條なければ例(れい)を攀(よ)じよ。

             試みに挙す看よ。

 【本則】ある求道者が睦州の處にきた。

睦州「お前さんは、何処からいらっしゃった」

求道者スカサズ一喝「カーツ!」

睦州「オヤオヤなんとお前さんに一喝されたよ」

求道者さらに一喝「カーッ!」

睦州「どれだけ莫迦ガラスのように(カァカァと)啼き続ける気か」と叱りつけた。

求道者はタネが尽きて黙り込んだ。

睦州は「この独りよがりの奴め」とピシりと打ち据えた。

    【本則】挙す。睦州、僧に問う。「近頃いづれの處を離れたるぞ」

    僧 すなわち喝す。

    州云く「老僧、汝に一喝せらる」

    僧 また喝す。

    州云く「三喝四喝の後、作麼生(そもさん)」

    僧 語なし。

    州すなわち打って云く「この掠虚頭(らくきょとう)の漢(かん)」

【頌】世評では 睦州という大虎の頭を叩いた 危険この上ない求道者だと批判する者がいる。しかし、虎に喰われることを承知で、一喝二喝したのなら、見どころアリである。

(サア・・雪賓重顯のいう・・)この求道者の何が大虎の頭を叩いた 見どころなのか・・

禅者の一語を持ち来れ。

天下の公衆面前で笑ってやろうではないか。

   【頌】両喝と三喝と、作者は機変を知れり。

      もし虎頭(ことう)に騎(の)れりといわば、

      ふたりともに瞎漢(かつかん)とならん。

      誰か瞎漢。

      拈(ねん)じ来れ。天下、人とともに看ん。

 【附記】睦州(陳尊宿)道明(780~877)黄檗希運の弟子。非凡・奇人の禅者といわれた。同時代に、徳山宣鑑・趙州従諗・・少し遅れて、雲門文偃(852~949)その弟子 洞山守初がいる。純禅=達磨禅が隆盛をきわめた時代である。

●意訳中、圓悟の垂示、冒頭の・・「恁麼、不恁麼」の語を略してしまい、指摘を受けました。6/27 加筆修正いたします。

圓悟老師・・ならぬ堪忍するが堪忍。お許しあれ。三拝。

 

はてなブログ 禅者の一語・・碧巌録 意訳中

はてなブログ 禅のパスポート・・無門関 素玄居士提唱 復刻解訳中

はてなブログ 羅漢と真珠・・独り3分間イス坐禅の仕方、禅の心禅の話