◆信じる・・とは「人の言葉」と書きます。

【禅者の一語】碧巌の歩記(あるき)NO⒕

この14則・15則は「拈評三百則」上巻第95則と「五燈會元」第15巻雲門山文偃禅師の章でも連続の問答になっており、この碧巌の歩記では、2則を1則とみて紹介します。

碧巌録 第十四則 雲門對一説(うんもん たいいっせつ)

                                                                雲門一代時教(いちだいじきょう)

【垂示】ありません。

【本則】雲門文偃に求道者が問うた。

釈尊が一代に説かれた教えは数々あります。

しかし真理はひとつのはずでしょう?」

雲門「對機一説」(問者に応じての・・応病与薬だから、どれもこれも適切ならざるものはない)

                                                         【本則】挙す。僧 雲門に問う。

                                                             「如何なるか これ一代時教」

                                                             雲門云く「對一説」

【頌】雲門老師の一語は、どの問答でも、ヒトコトで求道者を金縛りにする杭と縄で出来ている。

對一説は「對機一説」と同義・・釈尊臨機応変に対応されたことに、ガンジガラメで身動きできない求道者の様子を現わしている。

この広大な宇宙の片隅の、チッポケな地球の片隅で、大口をたたいた求道者は、臍(ホゾ)を噛んだにちがいない。

それを木陰で笑って看ている者がいる。用心せよ。

韶陽(雲門文偃)老人は、まだまだクイをイッパイ持っているぞ。

                【頌】對一説は はなはだ孤絶。

                          無孔(むこう)の鉄鎚(てつつい)もて重く楔(せつ)を下したり。

                          閻浮(えんぶ)樹下(じゅげ)にて笑い呵々(かか)。

                          昨夜 驪龍(りりゅう)は角を拗(よ)じて折(はば)む。別々。

                          韶陽(しょうよう)老人は一撅(いっけつ)を得たり。

 

【附記】雲門文偃(うんもん ぶんえん852?~949 雲門宗開祖。雪峰義存の弟子。碧巌録第6則、雲門日々好日の公案が有名である。

韶陽老人とは、雲門が広東省の韶陽に住庵している由来による。

頌で、雪賓重顯は「揳(せつ)と撅(けつ)」クイを同意語としている。

釈尊の生涯(一代)は、説法を五時(華厳/阿含/方等/般若/法華・涅槃時)の時代別に小区分したもの。八教(蔵・通・別・円の化法四教と頓・漸・秘密・不定の化儀の四教)を法理分類して言ったものである。天台智者大師の創唱にかかる。この五時八教を一代時教と言う・・と井上秀天著(碧巌録講話)に記述されている。こうした解説は、仏教学者にまかせて、出版の折には、省略、割愛する予定。

いずれにせよ禅者は、独り、不言実行の(禅ニヨル)生活が大事です。