オイ・・そこの幽霊ビト!裸で街を歩いちゃいけないヨ!

   碧巌の歩記(あるき)NO50     

   碧巌録 第五十則 雲門 塵塵三昧(うんもん じんじんざんまい)

【垂示】圓悟が垂示した。禅の大道を歩む者は、修行上の階級(ステージ)を超越し、嘘も方便の解説(説法)や、ダボラを吹くような造作を見せてはならない。

禅者は一挙手一投足、すべて「禅による生活」そのものである。 

佛祖に比肩し、求道者の鏡となるのは、禅者の理想ではあるが、当機直截、句句相投・・自由な禅者でなければ、出身の一句を道破できないし、活力の人とは言えない。

さあ、いかにして、その一句をズバリ決めるか。

試みに挙す看よ。

  【垂示】垂示に云く、階級を度越(とえつ)し、

   方便を超絶すれば、機機あい応じ、句句あい投ぜん。

   もし大解脱門(だいげだつもん)に入って、

   大解脱用を得るにあらざれば、

   いかにしてか、仏祖に権衡(けんぎょう)し、

   宗乗に亀鑑(きかん)たらん。

   しばらく道え、當機直載(とうきじきさい)

   逆順縦横(ぎゃくじゅんじゅうおう)ならば、

   いかんにしてか出身の句を道い得ん。

   試みに挙す看よ。

【本則】雲門文偃(うんもん ぶんえん)に求道者が問う。

華厳経(一微塵中入三昧)に「塵塵三昧」とあります。

これは、何のことでありましょうか?」

雲門云く「鉢の中には飯。桶の中には水。

これがその露現(あらわれ)である」 

 *三昧(Samadhi 正受、定、正心の意)

   

   【本則】挙す。僧 雲門に問う「如何なるか是れ塵塵三昧」

    門云く「鉢裏(はつり)には飯。桶裏(とうり)には水」

 

【頌】茶碗にはご飯。コップには水・・

総ては、あるべきようにおかれ、なされ、用いられる・・

雲門の返事は、それで充分だ。

北方には北斗星が輝き、南方には南十字星がある。

そこに人間のくだらない思慮分別は必要ないじゃないか。

まるで風なき地に、台風を呼ぶようなもの。

雲門に歯向かう前に、その入歯を取り払って、歯抜けでタクアンをカジってから問うことだ。

この褌(ふんどし)抜きの裸姿で、どこをほっつき歩くのか・・

恥知らずめが・・。

 

オイ・・そこで片手間にスマホをいじっている人・・!

まるで無気力な幽霊ビト・・じゃないか。

ご飯は美味しかったかね?

  

  【頌】鉢裏には飯、桶裏には水と。

   多口(たく)の阿師(あし)も 嘴(くちばし)を下し難し。

   北斗南星(ほくとなんせい)位」(くらい)ことならざるに、

   白浪滔天(はくろうとうてん)、平地におこれり。

   擬(ぎ)か 不擬(ふぎ)か。止(し)か 不止(ふし)か。

   箇箇無棍(ここむこん)の長者子(ちょうじゃし)