碧巌の歩記(あるき)NO58 唇から光を放つ 趙州の一語

今に至って、禅を説明すらできない趙州の真意とは・・? 

碧巌録 第五十八則 趙州分疎不下(じょうしゅう ぶんそふげ)

【垂示】欠如・・(ありません)

【本則】ある日、求道者が趙州に問うた。

「三祖、鑑智僧璨(かんちそうさん)の信心銘に「至道無難、唯嫌揀擇」(禅による生活は難しくはない。ただ、好きの・・嫌いの・・分別がなければ・・)とあります。

今時の禅寺は、観光拝観が大流行になっているのは(坊さんにとって)結構?な話ですが、それの(・・至道無難 唯嫌嫌擇が、鳥の巣やウサギの隠れ穴をさがすように)真意を把握しがたい難事になってしまっているのではありませんか」

 

すると趙州、答えて云く「ワシに、その至道無難、唯嫌揀擇の問いを持ち掛けてきた者があったのは、もう五年も昔の事だった。

それから今にいたり、まだ、その釈明すら、できずにいるのだ」

  【本則】挙す、僧、趙州に問う

     「至道無難(しどうむなん)唯嫌揀擇(ゆいけんけんじゃく)」と、

      是れ時人の窠窟(かくつ)なりや、否や。

      州云く「かって人あり、我に問いしも、直に得たり五年分疎不下なりしことを」  

【頌】獅子は百獣の王、その吼え声。大象のあくび・・

仏典には96通りの外道問答を説破したという仏陀の表示語として、象王~獅子~の語が使われている。

この四言二句は趙州の応答にかけてある・・

趙州・・さすが禅者の一語は、獅子吼そのもの。

思慮分別、言句に拘泥するものではない。

ひとたび口を開けば、いかなる学者、求道者といえども舌先を切り取られたように、ウントモ・・スントモ・・言えなくなる。    

老子曰く「無名は天地の初め・・父であり、有名(名)は、万物の母である」との通り、至道は無相。いかなる文言でも表現しえない【それ】である。

求道者の問い・・【至道】これぞ【無難】の世界にくるまれてあることを知ることだ。

何処を見渡しても、空には空気を意識することなく鳥が飛びまわり、海では、水を意識することなく魚が泳ぎまわっている。

  【頌】象王の嚬呻(ひんしん)獅子の哮吼(こうく)

     無味の談なるも,人口を塞断(そくだん)す。

     南北東西、烏(う)飛び、兎(と)走る。

 

【附記】 碧巌百則の内、趙州従諗(じょうしゅうじゅうしん)が登場する則は12ある。さらに、その内で、達磨より3代目、鑑智僧璨(かんちそうさん)の著作「信心銘」の文章についての問答は・・第2則、第57則、第58則、第59則・・計4則におよぶ。

この信心銘は、実に単的に「禅」を語る詩文である。と同時に、砂糖の甘さ、塩の苦みを語れないごとく、解かっていても、語るに語れない「禅」の極地があるから、志ある人は、まず、信心銘を参究してほしいと思います。

誰に頼ることなく、直に本に接して味読してください。

それが一番です。