碧巌の歩記(あるき)NO67 机をコツン・・禅の「始まりの終り⇔終りの始まり」

碧巌録 第六十七則 傅大士経講 (ふたいし きょうを こうず)

【垂示】ありません

【本則】仏教に帰依していた梁の武帝が「金剛般若波羅蜜多経」の講釈をしてもらおうと、誌公の紹介で、傅大士(497~?)を招待した。

呼ばれた傅大師は講座に上がると、手にした笏(しゃく)で、コツンとテーブルを一打して、サッサと講座から降り去ってしまった。

武帝は、禅のカナメといわれる金剛経・・その解かり易い話を聞きたいのに、いったいどうなったのか・・愕然(がくぜん)とした。(この「コツン」・・最も親切で解かりやすい・・禅による行い・・なのにサッパリ訳の解からない武帝であった)

誌公が茫然(ぼうぜん)模糊(もこ)としている武帝に「陛下、金剛経の神髄、理解なさいましたか」と尋ねると、武帝は「彼の行ないが一向に解せないのだが・・」と素直に答えた。

誌公は、同じくキョトンとしている居並ぶ百官たちに「サアサ・・大士の講演はモウ終わりました。これにて閉会いたします」と、その場を取り仕切った。

机をコツンが「始まりの終りで、終りの始まり」なのだ。

もうこれ以上、ZENを語ることはできない。

  【本則】擧す。梁の武帝、傅大士に、金剛経を講ぜんことを請(こ)いたり。

   大士、すなわち座上において、案(あん)を揮(う)つこと一下(いちげ)して、

   すなわち下座(げざ)せり。

   武帝愕然(がくぜん)。

   誌公(しこう)問う「陛下、また會(え)せりや」

   帝云く「不會(ふえ)」

   誌公云く「大士は講(こう)経(きょう)をおわりたるなり」

【頌】静寂と安心に満ちた禅庵に居れば良いものを、梁武帝の首都、金陵(現南京)まで、わざわざ出かけて御前講義をやるとは、傅大士の俗臭ぶり・・どうかと思います。

もし、あの場で、仙人じみた誌公が、閉会宣言をしてくれなかったら、達磨の二の舞。

(碧巌録、第一則 武帝問達磨=聖諦第一義=廓然無聖

きっと自尊心や野心のカタマリのような武帝と悶着が起こって、挨拶もせずコソコソ都を逃げ出す羽目になったことだろう・・。

  【頌】雙林(そうりん)に向かってこの身を寄せ(よ)ずして、

   かえって梁土(りょうど)において塵埃(じんあい)をひけり。

   當時(とうじ)、誌公老を得ざりしならんには、また是れ栖栖(せいせい)として   

   国を去りし人なりしならん。

 

【附記】傅太士(善慧大士497~514)と誌公(寶誌 不詳)は、住所不定。どこでも裸足で出入りした。頭髪モジャモジャの道行者。禅観、佛理を語ること、声聞(しょうもん)羅漢(らかん))以上といわれた。碧巌録の武帝問答にに混同される禅者である。堂々と宮中に入り、武帝(481~549)の庇護のもと、仙人の如き祖師禅の前駆者的な禅者に例えられる。

当時、宮廷では、盛んに佛教経典の解釈、講義が行われていて、その引用の一番は「維摩経」「涅槃経」「金剛経」などであった。(・・と、鈴木大拙は禅思想史 第三巻で記述)ただし、武帝は達磨との問答(第1則)でも明らかなように、きわめて自己顕示欲の強い目立ちたがり屋である。

仏教に篤いといっても、功徳、顕彰を求めてやまないハダカの王様であった。とまれ、中国・禅の創世期(初代・達磨から六祖・慧能にいたる)は、欣求的佛教にコンクリされてきた中にあり、無功徳、無心の禅行を、直ちに見せつけられても、禅者の言行への無理解、チグハグ差は避けがたいことだった。

禅のはじめは・・達磨の「不識(しらず)」と、この「コツンと机を叩く」ことからはじまった・・としておきます。

それが「純禅」・・というものです。

この碧巌の散策・・則を逆行して67則(平成30年1月3日~)・・役立たずのZEN・・散歩の地図なり、杖なり、靴なりの使い捨てで、ご参考ください。あわせて、はてなブログ「禅のパスポート」=無門関意訳や「羅漢と真珠」ご覧いただければ幸甚です。   有(会)難うございました。