碧巌の歩記(あるき)NO78 【狐のだまし湯・・まるで田んぼの肥え溜風呂だね!】

馬齢を重ねるにしたがって、体と心は一体である・・と言うことが、身に染みて解かるようになった。今、腰痛で、立つにも歩くにも、ビリビリ痛みが走りアブラ汗がでる。体と心はひとつ。区別できないものだと、つくづく悟らされた。

若い時は、理窟で解っていただけだ。

だが、近頃・・何かを為しても、為さなくとも、言葉では言い尽くし難い、寂寥感に包まれる。

友人は、病気だろう・・とも、年だろう・・とも推測していう。

中には、そろそろお前はお迎えが近いのでは・・というのもいる。

私は、お迎えが近いとか、体の調子ではないと思っている。

もっと根源から、コンコンと湧き出る泉のごとき「寂寥」の感を想うのだ。こうも言えよう。この「寂寥」の心地が解かってこそ、はじめて、揺るぎない禅境が開けてくる・・と。

 

さてさて・・今日は、滋賀では、母が満百歳の誕生日。積年、妹が老々に看護している。

台風近接に、黄葉紅葉、乱舞する夜となりました。

腰痛には、ゆっくり風呂に入るのが一番・・です。

ソレにつけても・・会(有)難いことだ。

 

碧巌録 第七十八則 開士入浴 (かいし にゅうよく=開士 水因すいいんを悟る)

【垂示】欠如。

【本則】ここに少し毛色の変わったインドの話がある。

十六人の求道者を教導する者(開士)たちが、規定作法のとおり沐浴していた時、水の肌ざわりのよいこと、清らかで美しいこと、気持ちのいいことを発見し、浮かれ出した・・という。

これを、雪竇(せっちょう)、話に引き出してきて、坐下の求道者に「サア、お前達、この十六人の開士たちが、心地の良い、極楽温泉のようだという、気持ちがわかるか?この美的な入浴感覚は、達道の者でなくてはわかるまいが、どうじゃ?」・・と云った。

  *擧す。古(いにしえ)に十六の開士ありたり。

   浴僧(よくそう)の時において例にしたがって入浴し、たちまち水因を悟れりと。

   諸禅徳(しょぜんとく)、作麼生(そもさん)かして、

   他の「妙觸宣明(みょうそくせんみょう)、

   成佛子住(じょうぶつ しじゅう)」と道(い)いしことを會(え)すや。

   また、すべからく七穿八穴(せんけつ)にして、はじめて得(う)べし。

 

【頌】大悟、明眼の士は、一人で沢山。

風呂の中で足を延ばし寝そべって、十六人もウジャウジャと、各種の悟達の感想を述べるとは・・ラチも無いこと。まだまだ悪臭無限の垢まみれ・・夢中にあって夢を語るとは、この事を指す。

極楽温泉で、きれいサッパリ世の迷垢を洗い流したつもりだろうが、その悟りすました間抜け顔に唾でも吐きかけてやろう。

  *了事(りょうじ)の衲僧(のうそう)は一箇を消(よう)ず。

   長く床上に連(つら)なって脚をのべて臥(が)し、

   夢中に曾(か)って説く圓通(えんつう)を悟ると。

   香水にて洗い来たるも驀面(まくめん)に唾(だ)せん。