釈尊、達磨、親鸞、良寛・・野風は花薫をはこぶ・・

  • 碧巌の散策 第九十四回の歩記(あるき)である
  • 釈尊が禅について「論理的」な教導をなされる訳がありません 

この本則の説話は、首楞嚴経(しゅりょうごんきょう)・・密教系思想の経典、705年頃の漢訳・・に基づくが、実にクダクダしく、禅(の公案)に馴染まない。

この経典は、釈尊亡きあとに編纂され、それが千二百年の歳月を経て、中国で漢訳されているので、中国の学僧たちの膨大な哲学的認識論の由来と経過が、背景に山積みになっている。

 

私は「禅」について、この経典のみならず、万巻の仏教経典の解説を否定します。達磨がインドから中国へ、不立文字、教外別伝の「禅」を伝えたのも、論理的哲学的なインドの揺籃の地から、実践実務的な(具体性を重視する)中国・・そして、それを純化する日本の風土に伝播していく必然性があったからだ,と考えています。

 

どだい大悟された釈尊が、未悟、求道の阿難に「禅」が一番に否定する「論理的に」もの語る訳がありません。

碧巌録と双璧をなす禅語録「無門関」第二十一則「迦葉刹竿(かしょうせつかん)」・・釈尊の亡きあと、金蘭の袈裟の外に、何か「禅の秘伝」でもあるのか・・と迦葉に尋ねる迷える阿難(あなん)がいます。迦葉は阿難(アーナンダ)と呼ぶ。彼は「はい」と素直に答える。迦葉云く「門前に設置してある説法案内の旗印を取り払いなさい」・・と。

 

この「無門関」の指摘は、禅機(悟り)を誘発する最も初歩的な公案です(また、第六則「世尊拈花」も、ひとり・ポッチ禅では初歩クラスの公案としています)

 

独り・三分のポッチ禅をなさる時、一回十秒の呼吸を数えて(数息)十八回とするより、その間、チョット心惹かれる公案の一則を、何故だ?どうして?と思い描く方が、頭の掃除にもってこいです。ただし、ここで貴方にご注意!公案に即して(ついて回って)解を得ようとしたら間違いです。ですから、私は、釈尊「大佛頂如来密因修證了義諸菩薩萬行首楞嚴経」・・この長ったらしい経の文言で、いったい何を阿難に教導されたのかサッパリ解かりませんし、このお経の有難味も知りません。この本則の文章、語言だけで、禅の「主観・客観」の認識が解説、理解できるとしたら、釈尊の、四十八年一字不説の本意を否定したことになります。

 

雪竇は、零(ゼロ)を発明したインドならともかくも、論理的哲学的に禅を説こうとする、蕎麦屋の窯の中のような、当時の寺僧に警告したのでしょう。蕎麦屋の窯の中・・湯=言うばかりの意

 

碧巌録 第九十四則 楞嚴不見 (りょうごんふけんの時)

【垂示】圓悟が垂示して云うのに、禅者の一句は、どのような修行を積んだ人も、冷暖自治するのみで、他人に説明することは不可能である。眼前に展開されている生命の紡ぎは、永遠に途絶えることなく続いている。しかも真実は、すべてアリノママに隠すことなく「青天井の下の白牛」としてあり、また眼が吊り上がり、耳が立った文殊の「金毛の獅子」として、如実に現れている。が・・さあて青空の下にいる白牛とは・・文殊の乗る金毛の獅子とは・・どんな様子をしているか・・ぼおっと突っ立っている君・・答えて見せなさい。

  

  *垂示に云く、聲前(しょうぜん)の一句は、千聖(せんせい)も不傳(ふでん)なり。

   面前(めんぜん)の一絲(いっし)は長時(ちょうじ)無間(むげん)なり。

   淨裸々(じょうらら)、赤灑々(しゃくしゃしゃ)たる

   露地(ろじ)の白牛(びゃくぎゅう)と

   眼卓朔(まなこ たくさく)、耳卓朔(みみ たくさく)たる金毛の獅子とは、

   即(すなわ)ち且(しば)らくおく。

   且らく道(い)え、作麼生(そもさん)か、これ露地の白牛なるぞ。

 

【本則】楞嚴経に云く・・ある日、釈尊は阿難(あなん)に視覚で物を認識すること「主観・客観」について次のように話された。

人は「主観と客観」が顛倒(てんとう)していることに気付かない。(網膜に映るのだって逆さまだし、鏡に映る様子だって左右が逆になっている)

吾が見ない時、どうして吾の見ない處(相すがた)を見ないのか・・もし、その見ない地(ところ)を見るとすれば、客観の見えない事象(相)ではない。

それは本来、吾の見る相である。それでも見ないのに見えると言うのは嘘を言うことになる。もし、私の見ない事象を見えないと云うならば、それは事象(物質)ではない。物質でないなら、それは心性=主観である。どうしてそれが客観となろうか(主観そのものではないか)

   

  *擧す。「楞嚴経」に云く、

   「わが不見(ふけん)の時、何ぞ、我が不見の處(ところ)を見ざるや。

   もし不見を見れば、自然に彼の不見の相にあらざらん。

   もし、わが不見の地を見ずんば、自然に物にあらざらん。

   如何(いかん)が汝にあらざる」 

 

【頌】眼の不自由な人たちが象を撫でて、その姿を形容する話が、大涅槃経にあるが・・白牛や金毛の獅子も、まったく眼病患者のアリサマだ。

昔から、禅を教導する者、求道行脚の雲水たち・・共に、その見解、議論するところは上滑りの、口先ばかり・・実相に触れて看たものではない。

釈尊が、一言も語ったことのない「普賢菩薩(本質)の白牛・・文殊菩薩(事象)の獅子」のことを、主観的客観的と分別論証するのは、禅を生体解剖している悪臭無限の禅者モドキ達だ。禅の将来が思いやられることだ。

 

  *全象(ぜんぞう)全牛(ぜんぎゅう)、瞖(えい)にことならず。

   従来(じゅうらい)の作者は共に名摸(めいばう)。

   如今(にょこん) 黄頭老(こうとうろう)を見んと要するも、

   刹々塵々(せつせつじんじん)、半途(はんと)に在(あ)り。

 

会(有)難うございました。