読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

矢が飛んでから、逃げ出しても、モウ・・手遅れだぞ!

その他  
  • 碧巌の散策 第八十一回の歩記(あるき)である・・

瞑想や坐禅が、「役立たない修行」なら、どうして釈尊は、菩提樹下、坐禅なされて悟りを開かれたのでしょうか・・?  

悩みや苦しみから解脱するために坐禅はあるのでしょうか・・?

・・真剣に答えて下さい。

「何の役にも立たない三分間ひとりイス禅」・・推奨の意味が納得いきません。

 

今、世界中に流行っている瞑想や坐禅は、効能・効果が一杯あって、悩みスッキリ、チャント役立っている・・と思われているのなら、ことさら、私が提唱する「金ヒマかけず、自分一人で、好きな時に、椅子に坐る三分間程度の、眼を半眼にした、何の役にも立たない坐禅をおやりなさい」・・に関心を持たれることも、この奉魯愚(ぶろぐ)をご覧になる必要もないでしょう。

さて、坐禅や瞑想は・・「役立つとか・・役立たない」・・とか、イッタイ何に対して・・の目的と方法、手段なのでしょうか。

自分の心が安らぐ・・とか、ストレスを解消したい・・とか、自分の心の落ち着きが欲しくて、病気の対処療法の薬のような効用効果を求めたい時には、どこかの寺僧の指導を受けられたり、PCや本で学習されるのが手頃かも知れません。

 

ここで提唱している「三分間ひとりイス禅」は、達磨がインドから中国へ「禅」を伝えた時の「無功徳」=何のご利益(りやく)もない・一切、役立つことがない・・禅(の心)・・達磨は、この禅境(地)を「廓然無聖(かくねん むしょう)」=カラりと晴れた青空・・といっています。

その禅境を自覚したい、目的のために坐禅という方法をとる・・つまり「何にも役立たない【禅】を自覚したいのなら、何にも役立たない「坐禅」をするのが、一番、最良の方法という訳です。

 

実際、禅の専門道場(僧堂)で、悪戦苦闘、難行苦行の雲水(僧)が、大悟見性した例は余りありません。

皆さんがよく知っている一休(宗純)さんは、二度自殺を図って苦行された方ですが、師からの印可状(見性=悟りの証明書)を焼き捨てて、風狂の禅者と言われた生涯でした。

新潟の五合庵の(大愚)良寛さんは、子供たちと手鞠をついて遊びながら、権力、権威の生活社会から離れ、宗教色を微塵も出されなかった自由人でした。

臨済宗、中興の祖と言われる白隠(慧鶴)さんは、托鉢の途中、農家の婆さんに、箒で頭をどやされて、サトリを開いた方ですし、庭掃除の最中、石ころが竹にあたる音で大悟した人や、鐘声で見性したとか、花の香りや、暁の星の輝きから・・これは釈尊です・・中には鼻を痛いほど捻られてとか、雷に撃たれて・・などなど、沢山の人が大悟されていますが、専門道場で坐禅の最中、悟りを開いたと言う人は、ヒドク少ないのです。

(もっとも、禅寺の跡継ぎの為の期間限定での修行では、卒業証書ほしさの学校入学と同じで無理からぬことです)

 

昔の禅修行は、自分を本当に鞭撻(べんたつ)してくれる師を求めて、行脚(探訪)した、弟子が師を選ぶ・・生徒が先生を選ぶ、真の見識のある指導法でした。

ですから、オリオリに坐禅もする、働き(作務)もする、普通の生活の中で、米麹が次第に醗酵して、「美酒」が熟成するように、「禅」を大覚・見性しているのです。

何とかして、坐禅・瞑想で、悟りたいとか、不安な心を解消したいとか、自分本位に坐禅を考えたり、利用しようとする人には、サトリは絶対に得られることはありません。

むしろ悩みが一層、深刻になって心身とも病気になりかねません。

 

禅を利用したり、役立てたい・・と思う「欲求、分別」心や文字、言葉に「執着」する心こそ、マスマス禅から遠ざかることですから、まず、どうせ「役立たない」坐禅なのだと、効能効果を捨て去るところからスタートするのです。

次に、無理にとか、やる気のない時には、やらないことです。

他の仲間と共に・・とか、ご一緒にどうぞ・・とか、気を紛らわすようなこともしてはなりません。

一人で、静かに、やり続けましょう。

まず、呼吸を数える「数息」から初めて、やがて・・数年か・・数息を忘れて坐禅できるようになったら、無門関か碧巌録の公案(禅語)の一則を、鉄の飴玉をしゃぶるように、それが頭の中で、溶けて無くなるまで・・何十年でもしゃぶっている・・ような、覚悟の坐禅を続けられることです。

公案は、どれをとっても、論理・哲学的ではありませんし、分別・思考に適合した解答は、永久に得られるものではありません。

つまり、どれもこれも正解を得難い矛盾の問題集です。

もし、公案に、何か論理的に解明できた・・と思う「答え」がある・・と思ったら、それは全部(その答えは)絶対に「間違い」です。つまり、「零点」です。

 

どうやら死ぬまで「正解」が得られないで終わるやも知れません。

また、万が一にも、突然、予期せぬサトリが、貴方にやってくるかも知れません。つまり「百点満点」です。

その時は、言葉にも文字にも仕草にも表わせない、ただ自知するのみの禅境(地)でしょう。

 

「零点か・はたまた満点か」どちらになろうと、かまわないではありませんか。

その最終の禅境(地)は「廓然無聖=カラりと晴れた青空」なのですから・・。

「役立たない坐禅」は、ソンナ清々しい青空の坐禅なのです。

 

碧巌録 第八十一則 薬山麈中麈(やくざんしゅちゅうのしゅ)

【垂示】圓悟が求道者に垂示した。

敵の軍旗を奪い取り、進軍ラッパも鳴らぬようにしたら、それこそ天下無敵、百戦百勝の猛将だ。

千人の達道の者が攻め寄せたとて、その働きは止まらない。

また達磨さんのように、無功徳(むくどく)・不識(しらず)の鉄壁な心根なら、どんな策略をもってしても破れることはない。

これぞ神通妙用であるし、絶対そのものが、ありのままに現前することだ。

さて、どのようなら、こんな奇特な働きが出来るのであろうか。

  *垂示に云く、旗を攙(ひ)き鼓を奪わば、千聖も窮(きわ)むることなからん。

   訤訛(こうか)を坐断すれば、萬機(ばんき)も到らざらん。

   これ神通妙用にあらずや。また本体如然(ほんたいにょぜん)にあらずや。

   且らく道(い)え、この什麼(なに)によってか、

   恁麼(いんも)に奇特(きとく)なることを得るぞ。

 

【本則】ある求道者が薬山惟儼(やくさんいげん)の禅庵に来て「あの天台山・平田の草原にいる鹿の群れの大将(大鹿)を、見事にやっつける方法がありますか」と、まるで自分が、その大鹿であるかの如く問いかけた。

すると薬山「ソレ箭(矢)が飛ぶぞ」と、弓を引く仕草をした。

・・少しは禅を頭で理解していた求道者は、射殺された大鹿のようにパタッと倒れてみせた。

薬山、当然のように、傍らの侍者に「この倒れた馬鹿をかたづけよ」と言い放なった。

これを聞いた求道者、驚きアワテテ逃げ出した。

薬山これを見て「ナント下司な野郎だな。

最近、こんな大根役者ばかり増えてきたな」と、いたく嘆いた。

(雪竇、尻に帆をかけて逃げ出した求道者に一言・・立ち上がり三歩は逃げ出せても、五歩までは保たんなあ・・)

  *擧す。僧、薬山に問う。

  「平田の浅草(せんそう)に麈鹿群(しゅろくぐん)をなせり。

   如何にしてか麈中(しゅちゅう)の麈(しゅ)を射得(せきとく)せん」

   山云く「箭(や)を看よ」僧、放身(ほうしん)して便(すなわ)ち倒(たお)れたり。

   山云く「侍者(じしゃ)よ、この死漢(しかん)を拖(ひき)出(いだ)せよ」

   僧便ち走れり。

   山云く「泥團(でいだん)を弄(ろう)するの漢、什麼(なん)の限りかあらん」

   (雪竇拈(せっちょうねん)じて云く

   「三歩は活すと雖(いえど)も、五歩では死するべし」・・)

 

【頌】大群の鹿の王者と名乗った求道者を、薬山は、獲物が鍋釜持参でやってきた・・とばかり、一矢で射とめてしまった。

彼が葬式準備に驚いて逃出す様子は五歩もモタナイ慌てようだ。

惜しいかナ、グッと踏みとどまって、睨みかえす度胸があれば、かえって群鹿を率いて、大敵の猛虎を追うことも出来たろうに・・。

されば、薬山の手際の鮮やかなこと。

狩人の正眼をもって、唯の一箭(ひとや)で大鹿を射止めるとは・・と、雪竇、頌(じゅ)し終わった瞬間「ソラ、箭が飛んできたぞ」と座下の求道者に大声で警告した。

  *麈中の麈を、君は看取(かんしゅ)して一箭(せん)を下(くだ)せり。

   走ること三歩、五歩にして、もし、活するならば

   群を成(な)して虎を趂(お)いしならん。

   正眼(しょうげん)は従来猟人(じゅうらいりょうじん)に付(ふ)す。

   雪竇(せっちょう) 高声(こうせい)に云く「箭(や)を看(み)よ」

 

【附記】禅機(悟りのキッカケ)を問う公案。ただ芝居の出し物としては、薬山が嘆くように、役者が大根役者のドサまわりの芝居だ・・行脚の雲水の、あまりの低レベルさに、ガックリきている様子が窺える逸話である。